龍好き画伯の妻

龍画家を目指し頑張る夫を応援する妻の呟き (画像はクリックで大きくなります)

シリーズ第二十三弾 「ハリモグラ」



                ハリモグラ 001



砂漠地帯を除き、タスマニア島を含むオーストラリアに広く自然分布しているそうです。
体長:30–45cm/体重約2–7kg、原獣亜綱カモノハシ目ハリモグラ科に属し、体毛が変化
したトゲは1年に1度生え替わり、1本1本別々に動かせるそうです。
腹部の発達させた育児嚢に1つ産卵し、産卵後10日ほどで、体長1.5cm、体重0.3-0.4gの
幼獣が育児嚢の中で孵化し、寿命は野外では最大45年ほどで、アリやシロアリが餌となり、
舌の動きはとても速く、1分間に100回ほど出し入れすることができるそうです。

  1. 2018/01/12(金) 03:53:32|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:2

シリーズ第二十二弾 「メンフクロウ」



              仮面フクロウ 001



メンフクロウは、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアと広く生息し、
完全な夜行性で肉食。そのため音源の位置を立体的にとらえることができるように、
左右の耳の高さが違うことも大きな特徴で、お面を被っているように見えることから
メンフクロウ(和名)という名が付いたそうです。

フラットウッズ・モンスターという3m級の謎の宇宙人に見間違えられ大騒動になった
ことがあるフクロウなのだそうです。
  1. 2017/09/14(木) 02:52:17|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:2

シリーズ第二十一弾 「ポッサム」



             ポッサム 001


木登りの得意な小型の有袋類。体長12cm程の小さなピグミーポッサムから、日本名フクロギツネの
ように体長50cmの大きなポッサムまで、ポッサムと呼ばれる種は約30種にもなるそうです。
地球上でマカロニ状(空洞)の毛を持つ動物はシロクマ、トナカイ、そしてポッサムの3種だけなのだ
そうです。なので、毛をウールやナイロンと混ぜることで軽くて暖かい防寒用品となるそうです。
  1. 2017/09/02(土) 02:55:08|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:2

シリーズ第二〇弾 「キンカチョウ」



           キンカチョウ



「オーストラリアのスズメなんだって」と夫。
スズメ目に属し、大きさも寿命も日本のスズメとほぼ同じキンカチョウは、オーストラリア、
インドネシアなど南半球の比較的乾燥したエリアに生息する鳥で、日本には明治時代に輸入
され、以来ペットとして親しまれているそうです。「ミーミー」「ミャーミャー」と子猫の
ような鳴き声も可愛くてファンが多いのだそうです。
 ※ 大きさはスズメ(15㎝)よりもキンカチョウ(10㎝)の方がかなり小柄なのだそうです。

ずっと水墨画に掛かりきりだったので、カラフルな絵を描きたくなったのでしょうか…。
  1. 2017/03/14(火) 20:37:36|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:5

シリーズ第十九弾「 フェアリーペンギン 」


              フェアリーペンギン




フェアリーペンギン(妖精ペンギン)は、体長30~40cm、体重1㎏で、ペンギンの中では
最も小さく、小型ペンギン、リトルペンギン、小ペンギンなどなど、意味合いは同じな様々な
呼び名を持つペンギンさんのようです。

オーストラリア、メルボルンの南東にあるフィリップ島で、野生のフェアリーペンギンパレードを
見ることができるそうです。一帯が保護区となっているフィリップ島には32,000羽ほどの
フェアリーペンギンが生息しているそうです。
  1. 2016/11/20(日) 22:32:16|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:8
次のページ

プロフィール

kazuryu

Author:kazuryu
仕事の合間に絵を描き始めた夫の画家になる宣言。驚きましたがプロになれるように応援する事にしました。

ランキングバナー

  
  にほんブログ村

ご注文はこちらから

  『萬屋和龍』

カテゴリ

プロフィール (1)
龍画 (31)
オーストラリアの動物 (25)
世界の動物 (21)
色紙 (43)
水墨画 (39)
落書き (48)
似顔絵 (7)
未分類 (149)
宗佐厄神八幡神社 (1)
Beads&Barアマノ (5)
色んな物に描く (15)
骨董市 (4)
幟 のぼり旗 (1)
萬屋和龍 (1)

最新記事

最新コメント

       

リンク

このブログをリンクに追加する

お問い合わせはこちらから      お願いいたします

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ