龍好き画伯の妻

龍画家を目指し頑張る夫を応援する妻の呟き (画像はクリックで大きくなります)

「こゆき」ちゃん

                    小雪ちゃん
                     〈色鉛筆で描いた‘こゆき’ちゃん〉


軽井沢で23年ぶりに夫の友人との再会を果すことができました。
店に着くと、噂の看板犬「こゆき」ちゃんが出迎えてくれました。
夫は「こゆき」ちゃんにメロメロで、家に帰ってからも「こゆきちゃんに会いたい」って
何度となく言いながら、仕上げた色鉛筆画です(7日に友人宅へ到着予定)



                  店内に飾られた「浅間山昇龍図」



25日の「シーズンクローズ・パーティー」に御招待していただいており、
妻は少しだけお手伝いすることにもなっておりましたので、軽井沢のBarということもあり
失礼のないようにと普段は身に着けないような服や、靴など新調し、準備万端出掛け
られるようにと店の近くに宿もとっていたのですが、25日の天気が雪ということで心配した
友人が連絡をくださいました。そして予定を急遽変更し24日に店へお邪魔し、お忙しいのに
泊めていただくことになりました。

ここまで車中泊をしながらの移動、この日は道の駅「雷電くるみの里」で後は寝るだけにして
(妻は日本酒を飲みながら)ゆっくりと夕食をとっておりました。

初めてお邪魔するのに、旅の疲れでむくんだ2人。スッピンで普段着で、しかも一杯引っかけて(妻)
の初対面に、友人の夫であるマスターは少し驚かれていたようなご様子。
店には夫の描いた「浅間山昇龍図」が、入って真正面に飾っていただき夫は喜んでおりました。

翌日の軽井沢の様子と夫と友人とのツーショットはこちら・・・・・「

雨や雪に一度も降られることなく、楽しい旅でした。
  1. 2015/12/07(月) 04:03:35|
  2. Beads&Barアマノ
  3. | コメント:4

浅間山昇龍図


                         浅間山昇龍図




23年ぶりに再会いたしました、ビーズ作家の友人の依頼により先日「Beads&Barアマノ」に
お送りした龍画 「浅間山昇龍図」 です。お店が軽井沢にあるということと、夜は落ち着いた
バーで、昼は彼女のビーズ作品が展示販売もされる明るくお洒落な、小雪ちゃんと言う名の
看板犬がお迎えする、ランチを食べられるお店になることを考慮して、描いたものです。

夫曰く、「浅間山上空を天に向かって昇る白龍」 を表現したもので、ベースは水墨画ですが
水墨画完成後に色を載せていって仕上げた作品なのだそうです。
見る角度によって、金、銀、パールの輝きが変化し、様々な表情を見せてくれる仕掛けに
なっており、龍の目にはスワロフスキーを使い、角度によっては光るよう工夫したそうです。

   (絵はクリックすると大きくなり、もう1回クリックするともうちょっと大きくなります)

  1. 2015/11/14(土) 05:00:00|
  2. Beads&Barアマノ
  3. | コメント:8

龍の夫婦ブレスレット

「白龍」のストラップだけではなく、龍の夫婦ブレスレットも作ってくださったことを
紹介いたしましたが、ブレスレットの写真が上手く撮れなくて(妻が)載せることが
できませんでした。夫もストラップとブレスレット、どちらも凄く気に入って、しばらく
眺めるばかり、やっと写真を撮ってくれました。前記事のストラップ・自在「白龍」の
画像は作り手で夫の友人のブログ『 Beads&Barアマノ 』 から、お借りしたものです。



                    夫婦ブレスレット№2


  夫婦ブレスレット№3  夫婦ブレスレット№1


夫がブレスレット?と思いきや、これがなかなか (というところで、止めておきます ^^)
中高年が着けていても自然な感じで、季節や服装も選ばなくてよさそうで、緩くもなく、
きつくもなく着け心地が良くて、夫と妻をイメージして作ってくださったそうですが流石
プロの技だと思いました。


   ※ 『 』 をクリックしていただくと、夫が友人に依頼した実際の画像が載っております。
        妻 (勘違いしてしまってゴメンナサイですが、知らなかったんだもん(^_^メ)


  
  1. 2015/11/12(木) 04:18:29|
  2. Beads&Barアマノ
  3. | コメント:4

白龍のストラップ

10月16日でブログを初めて1年経ちましたことを記事にしたときに、23年ぶりに再開した夫の友人のことを
本格的に龍画を描くようになってから不思議なご縁に恵まれるようになったことの一つとして紹介いたしました。

そして、ビーズ作家でもある彼女のビーズ作品の数々が紹介され、だんな様が営む軽井沢にあるお店、
「Beads&Bar アマノ」 さんに夫の描いた龍画をお送りさせていただきました。

龍画が完成し、店に絵を送ってもよいかと夫が確認の電話を入れた、その日その時、彼女が創作してくださって
おりました龍のストラップが丁度完成したときだったと、電話の向こうで「鳥肌がたったよぉ~」 との声が漏れ聞こえ、
妻も大変驚きました。妻のとんだ勘違いで、彼女が凄く難しい龍のストラップを短期間で創作しなくてはならなく
なってしまったことを知り、大変申し訳なかったと反省しております。
忙しい中、短期間でこれ程までの作品を仕上げられるとは本当に凄いと思います。

そして、打ち合わせ無しに始めたことだったのに、彼女が創作した龍、夫が作画した龍、どちらも「白龍」だったことの
偶然に2人ともビックリ。夫の描いた白龍も店の雰囲気に合うようにと、金と銀の日本画絵具を多めに使い、龍の目に
スワロフスキーを使ってあり、ビーズの白龍と共通点が沢山あって、度重なる偶然に益々ビックリ。
これからも龍がらみで、ご縁が深まっていくことと思います。
そして、龍のストラップだけでも素晴らしいのに、龍の「夫婦ブレスレット」まで作ってくださいました (感激)

ビーズで創ってくださった「白龍」さんを紹介いたします (クリックすると大きくなります)


                   
                  
                  ビーズの白龍№00 <非売品>



そして、驚くなかれ、この龍さんは自在ビーズ龍なのです


ビーズの白龍№2ビーズの白龍№3


 

映像よりも本物のほうが、もっと美しく神々しいです。
運気が上がり、御利益もありそう、そんな気にさせてくれるエナジー溢れる「白龍」さん。
きっと、夫も彼女のように作家になって活躍できるようになれるだろうなと夢が膨らみます。

12月中旬を目途に、数々のビーズ作品が紹介されております Web Shop を再会される予定だと伺っております。
(Beads&Bar の今年の営業は今月(11月)25日のシーズン・クローズ・パーティー迄)


  1. 2015/11/09(月) 05:02:41|
  2. Beads&Barアマノ
  3. | コメント:2

1年経ちました

本気で画家を目指し始めた夫。本気にしていなかった妻の私。
以前から龍や虎など勇まし系の絵ばかりイタズラ描きをしていたのは知っていたけれど、
全くの独学で、総合水墨画展に出展して3年連続入賞したのには驚きました。
私なりに何か応援できないものかと考えましたが、見守ることしかできないのでブログを
初めてみようと思いました。

夫の絵を好きだと思ってくれる人が増えるように祈っています。

ブログを始めた1日目の記事から、入賞した数も1つ増えて、10人に満たなかった
訪問者様も500人前後?(自力でカウントするとカウンター解析より多くなるのが不思議です)
おかげ様で各方面からお声を掛けていただけるようにもなってまいりました。

「何で画家になりたいと思ったの?画家になって何がやりたいの?」みたいなことを聞いてみると
答えは「自分の描いた龍が世の中に出回ることが出来たら、一人でも多くの人が気に入ってくれたら、
手拭いでもポスターでも何でもよいから商品にすることが出来たら、願わくば祭りの屋台とか、はっぴ
とかに使ってもらえることが出来たなら凄く嬉しい。」 と

そうだったんだ~ 聞いて納得。
妻にも夫の野望に協力できることがあるかもと、一瞬気合いが入りました。

本格的に龍画を描くようになってから、龍がらみの不思議なことが起きるようになりました。
なんと、23年ぶりの友との再開もそんな不思議な出来事のひとつです。


        misa ブレス龍 (龍の彫刻入り水晶のブレス)



23年ぶりに再会した夫の友人は軽井沢で 『 Beads&Bar アマノ(クリックで飛べます)
という店を営む御主人を手伝いながら傍らで自作のビーズを紹介するという、ビーズ歴20年、
受賞経験もあるビーズ作家さんになっておられました。
そして彼女も同じ時期に龍がらみの不思議な体験をしていたと・・・・。
彼女のブログを読んで、23年という年月を考えると尚更、とても驚きました。

そんな夫は、10月に入って本業の方が忙しくなってまいりましたが、暇を見つけては彼女の店に飾ってもらう龍画を
一生懸命描いております。彼女の店に似合うようにと、いつも描いている龍とは少し違った感じの龍画が仕上がり
そうです。彼女も夫が無茶なリクエストをした、龍のストラップを頭を悩ませながら創作してくださっているようです。
いつも見ているだけの妻ですが、楽しみがどんどん増えて幸せです。

夫のマネジメントをしてくださると、申し出てくださった本業が法律に関わる仕事をなさっておられる方が
いらっしゃいまして、途方に暮れて混乱しがちな妻は大喜び ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ ←使ってみたかった(笑)
著作権がらみの悩みもなくなり、大船に乗った気持ちでHPの勉強中です。

1周年を迎え、おかげさまで夫の描いた龍も多くの方に見ていただけるようになりました。
作家デビュー前ではありますが、「龍画を使った商品を作りたい」「龍画が欲しい」などの
ご要望にお応えできるようにとメールフォームを加えました。

長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
訪問していただき、嬉しいコメントを書いてくださっても返事がおそい遅筆な妻をお許しください。
嬉しいコメントや、応援の拍手を毎日何度もチェックし、ニヤケながら楽しみにしている夫を見ていると
ブログを初めて良かったと心から思います。

皆さま、本当にありがとうございましす。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。
  1. 2015/10/16(金) 03:35:49|
  2. Beads&Barアマノ
  3. | コメント:14

プロフィール

kazuryu

Author:kazuryu
仕事の合間に絵を描き始めた夫の画家になる宣言。驚きましたがプロになれるように応援する事にしました。

ランキングバナー

  
  にほんブログ村

ご注文はこちらから

  『萬屋和龍』

カテゴリ

プロフィール (1)
龍画 (30)
オーストラリアの動物 (22)
世界の動物 (19)
色紙 (29)
水墨画 (29)
落書き (27)
似顔絵 (6)
未分類 (140)
宗佐厄神八幡神社 (1)
Beads&Barアマノ (5)
色んな物に描く (10)
骨董市 (4)
幟 のぼり旗 (1)
萬屋和龍 (1)

最新記事

最新コメント

       

リンク

このブログをリンクに追加する

お問い合わせはこちらから      お願いいたします

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ