龍好き画伯の妻

龍画家を目指し頑張る夫を応援する妻の呟き (画像はクリックで大きくなります)

正面龍




              正面龍1



何年か前に描いた龍画、部屋に掛けられている龍画もたくさんあります。眺めていると
描き直したくて仕方なくなるそうです。気に入らない龍画は捨ててしまう前に描き足したり
微妙な色付けをしてみたりと、試してみたいことが沢山あるようです。
  1. 2017/04/11(火) 03:57:17|
  2. 水墨画
  3. | コメント:2

昇龍図

            昇龍図(1100×850)




昨年、出展用にと描き始めたのですが、初めて使う和紙に描いたので、
にじみ具合が思い通りにいかなかったそうです(途中から実験練習に…)
使用した和紙は1枚8000円もするので「失敗すると痛い!」と夫(反省)

現在取組中の出展用作品の構図も決まり、下描きもできたので、
真剣集中モードに入ると言っております。
下描きは、構図を考えながら画用紙サイズの紙に何十枚も描いておりました。
大体決まると次は模造紙に、何枚も何回も納得がいくまで描き直したりやり
直したりしておりました。ここまでは、静かにしてはおりますが用事があれば
話しかけても普通に大丈夫です。

和紙に墨で描き始めると、失敗しても消すことができず、墨跡が残るので
後から描き直したり、描き足したりすることもできないので集中することが
とても大事なのだそうです。邪魔にならないように、そんな夫の様子をそっと
窺うと、まるで知らない人になってしまったようで、見えているのに、そこには
いないように感じます(妻に邪魔されないように結界を貼っているのかしら ^^)
昨年は目標の作家部門入選を果たすことができましたが、今年は作家部門
入賞を目指して頑張るそうです。

夫の邪魔にならないようにと、妻は、京極夏彦さん著の分厚い本を何冊も
買い込んできました。

  1. 2017/01/23(月) 03:35:27|
  2. 水墨画
  3. | コメント:4

インドサイ

              インドサイ




サイの中では最も北方に生息するインドサイを、しつこいようですが、このサイなので…
体が、特に肩と臀部に鎧のようなひだがあり、皮膚は哺乳類の中ではいちばんの硬いと
言われており、最も大きいと言われるシロサイに引けを取らぬほどの大きさなのだそうです。
日中長い時間水中で過ごし、泥浴びや水浴びを好むそうです。
性質は大人しく、雄同士が激しく争うことも殆どないのだそうですが、短距離ならば
時速55㎞のスピードで駆け抜けることができるのだそうです。
臀部の鎧の間にピタッと収まった尻尾を描きたかったのだそうです。

どんなに頼んでも描いてくれなかったサイを去年の6月に初めて描いてくれたのですが、
今回、こんなに沢山描いてくれてとても嬉しいです。どちらを見ても龍だらけだったの
ですが、大好きな動物の絵も沢山加わって何だか楽しくなってまいりました。
  1. 2017/01/20(金) 04:12:05|
  2. 水墨画
  3. | コメント:2

クロサイ




              クロサイ




サバンナの重戦車、クロサイは体長2.8~3.7m、体高1.4~1.6mで体重は300kg~1t。
熱帯雨林地帯を除く山岳地、森林、茂みなどに単独で生息し、器用に動く上唇を使い
木の葉や草を一日30~40kgほど食べるそうです。体格はシロサイの方が大きいの
ですが、穏やかでおっとりしているシロサイとは違い気性が荒く、危険を察知すると
突進し威嚇することもあるそうです。



  1. 2017/01/17(火) 04:08:47|
  2. 水墨画
  3. | コメント:0

シロサイ(日本平動物園)





              シロサイ




サバンナの心優しき巨獣、シロサイは南アフリカ共和国に全体の93%が暮らすそうです。
サイ科の中では最も大きく、60cm伸びた角の重さは5kgもあるそうです。
体長3.3m~4.2m、寿命は約45~50年。時速40~50㎞のスピードで走ることができるそうです。
地面の草を食べるのに適した幅広い大きな口が特徴で、現地の人が“Widge Rhino(口の幅が
広いサイ)”と呼んでいたのを“White Rhino”聞き間違えたのがシロサイの名前の由来らしいです。
  1. 2017/01/14(土) 04:35:15|
  2. 水墨画
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

kazuryu

Author:kazuryu
仕事の合間に絵を描き始めた夫の画家になる宣言。驚きましたがプロになれるように応援する事にしました。

ランキングバナー

  
  にほんブログ村

最新記事

最新コメント

       

カテゴリ

未分類 (174)
Beads&Barアマノ (5)
丼龍 (4)
似顔絵 (6)
骨董市 (4)
宗佐厄神八幡神社 (1)
オーストラリアの動物 (22)
世界の動物 (19)
色紙 (21)
落書き (15)
色んな物に描く (7)
水墨画 (16)
萬屋和龍 (1)
幟 のぼり旗 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

お問い合わせはこちらから      お願いいたします

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ