龍好き画伯の妻

龍画家を目指し頑張る夫を応援する妻の呟き (画像はクリックで大きくなります)

雷神 ⚡




              雷神



「随分と渋い孫悟空ね」って、通りがかりに夫の落描きをチョッと覗いて言ったら、
「角があるだろ、これは雷神様なんだ」 ですって。見ているとどこかに似た人が
いそうな気がいたします。auのcmに出演中の鬼ちゃんって年をとったらこんな
感じになってしまうのでしょうか。
  1. 2017/04/21(金) 04:29:44|
  2. 落書き
  3. | コメント:0

エアロ



              エアロ



浅田真央さんの引退を知り、真央さんを描こうと頑張っていたはずなのですが、
いつの間にかトイプードルに。「真央さんの愛犬エアロを描いたんだよ」ですって。
2005年の世界ジュニア選手権優勝の時にエアロがやって来て、凄く嬉しそうに
していた真央さんを覚えております。
  1. 2017/04/18(火) 04:09:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

新キャラ?




              らくがき


何だかポカポカと暖かくて、部屋の温度は夏日を超えました。
夫は早くも半袖で、ご心配おかけしました足の調子も良くなり
以前のようにフットワークも軽く調子が戻ってきたようです。
何時ものように突然「ハイ、これ載っけといてね」って、
なんと、新しいジャンルに挑戦ですか…。
  1. 2017/04/15(土) 14:55:31|
  2. 落書き
  3. | コメント:5

子象




              子象


地上で最も大きな動物、「生きた化石」でもあるアフリカゾウはアジアゾウに比べて耳が大きく草原や
高温地帯に適応し、人間には殆ど聞こえない低周波でおしゃべりしているそうです。その声は10㎞先
まできこえるそうです。感情も豊かで怒りや悲しみも感じ、記憶力もよく、他の生き物にも思いやりを
示すことの出来る動物だと言われているそうです。
  1. 2017/04/14(金) 04:06:54|
  2. 世界の動物
  3. | コメント:2

正面龍




              正面龍1



何年か前に描いた龍画、部屋に掛けられている龍画もたくさんあります。眺めていると
描き直したくて仕方なくなるそうです。気に入らない龍画は捨ててしまう前に描き足したり
微妙な色付けをしてみたりと、試してみたいことが沢山あるようです。
  1. 2017/04/11(火) 03:57:17|
  2. 水墨画
  3. | コメント:2

色紙に描く 「 ラクダ 」



              ラクダ



夫の故郷、浜松市には日本三大砂丘の中の1つと言われることもある「中田島砂丘」があります。
近くの浜では毎年5月3~5日『浜松まつり』 ←(クリックで飛べます)行われます。
夫が子供だった頃の昔、中田島砂丘にも観光ラクダがいたそうです。

日本一大きな砂丘は青森県の「猿ヶ森砂丘」(鳥取砂丘のおよそ30倍、東京ドーム約300個分)
なのだとか。砂丘を調べていて、日本には100以上の砂丘があると知りビックリしました。
千葉県の九十九里浜も砂丘だったなんて、そして、埼玉県にも砂丘があったなんて、驚きです。
  1. 2017/04/08(土) 04:34:46|
  2. 色紙
  3. | コメント:2

稀勢の里



               横綱


実は夫も3週間前に現場で脚立からの着地時、右足ふくらはぎに肉離れを起こしました。
責任ある現場の初日の朝に負傷し、休むことができず辛い1日を過ごし、痛みに耐えながら
現場通いを続けていたので、稀勢の里の痛みに耐えて頑張った姿に、とても共感し感動して
おました。夫はサポーターも外れ昨日から杖も使わず歩けるようになり、ホッとしております。
横綱も順調に回復していただき、益々、キセノミクス旋風を巻き起こしていただきたいと心より
お祈り申し上げます。 続きを読む
  1. 2017/04/05(水) 04:45:29|
  2. 似顔絵
  3. | コメント:8

軍鶏(しゃも)



              軍鶏



江戸時代初期にシャム(タイ)から日本に入ったマレー系のニワトリだと考えられているそうです。
そして「シャム」がなまって「しゃも」になったのだとか。闘鶏用のニワトリの意味から『軍鶏』が
使われ、『ぐんけい』とも言うそうです。1941年に日本に特有な畜養動物として天然記念物に
指定され、今は食用としての飼育が各地で行われているそうです。
(天然記念物でも、飼育や食肉消費は合法 - ウィキペディアより)
  1. 2017/04/02(日) 04:26:17|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

一発描き



              馬



「一発描きの練習をしているんだ」と夫。
何だか分かるような分からないような、初めて聞く言葉でした。
調べてみると、ボールペンやマジックインキ、墨など消すことのできない
ものを使って、修正液も使わずに描くことをいうのだそうです。
夫は手本を見ずに、頭に浮かんだものを一発で描けるように練習して
いるそうです。手本を見ないで描けたら素敵!
だけど思ったのですが、もともと水墨画って一発描きなのでは・・・。
  1. 2017/03/30(木) 03:43:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

色紙に描く「猫」 其の三




              虎ネコ



毛がフサフサで、大きな猫に見えるので自信はありませんが「メインクーン」なのではと思います。
子猫のときは、他の猫種の子たちと変わらぬ大きさなのだそうですが、飼い猫の中では最も
大きくなる猫種のひとつなのだそうです。画像検索するとビックリします。
2017年度のギネス記録で最長記録を持つ「ルド君」の体長は 118.33cmなのだとか。
過去には、体長が123cm体重が15.8kg という記録を持ったメインクーンもいたそうです。

  1. 2017/03/27(月) 03:59:39|
  2. 色紙
  3. | コメント:0

ガラケーがなくなる

先日、ブックオフへ出掛けたときに併設するキタムラで、ドコモのロゴ入りベストを
着た店員さんに「らくらくホンの新型はいつ頃出るんですか?」と聞いてみると、
「ガラケーは、もう製造されていません。在庫限りで販売終了になります。」と、
話には聞いておりましたが、らくらくホンはこのまま続くのではないかと何となく
考えておりましたので、ガッカリ致しました。


        龍019


パソコンがあるので、いらないって、携帯電話デビューも遅かった妻です。
最後までムーバーを使い続け、後は夫のお下がりの携帯電話を使っております。
今現在、妻の携帯は「らくらくホン6」です。夫の携帯は「らくらくホン8」です。
ガラケーという言葉を知ったのも最近のような気がするのに、今度は「ガラホ」
ガラケー型スマホなんだそうです。壊れないように大切に使っていても、きっと
Xデーが来てしまうのでしょうね。

 
  1. 2017/03/24(金) 03:27:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

色紙に描く 「スカジャン&ポニーテール」


              スカジャン




夫 「こんな感じ?」
妻 「そうそう」

夫の大好きなブロガーさんがアップしていたスカジャンで
昔話に花が咲いた後の作画。
妄想モンタージュ、楽しいかも・・・。






  1. 2017/03/21(火) 05:19:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

色紙に描く「ロバート・デ・ニーロ」




              デニーロ




渋い役からコメディーまで、役に成りきるための努力を惜しまない素晴らしい演者。
ウィキペディアで役作りの項目を読んで、話に聞いたことはありましたが本当に凄い
努力の人なのだと思いました。ロバート・デ・ニーロ出演の映画は面白いに違いないと
迷うことなく観たくなります。
  1. 2017/03/18(土) 04:03:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

シリーズ第二〇弾 「キンカチョウ」



           キンカチョウ



「オーストラリアのスズメなんだって」と夫。
スズメ目に属し、大きさも寿命も日本のスズメとほぼ同じキンカチョウは、オーストラリア、
インドネシアなど南半球の比較的乾燥したエリアに生息する鳥で、日本には明治時代に輸入
され、以来ペットとして親しまれているそうです。「ミーミー」「ミャーミャー」と子猫の
ような鳴き声も可愛くてファンが多いのだそうです。
 ※ 大きさはスズメ(15㎝)よりもキンカチョウ(10㎝)の方がかなり小柄なのだそうです。

ずっと水墨画に掛かりきりだったので、カラフルな絵を描きたくなったのでしょうか…。
  1. 2017/03/14(火) 20:37:36|
  2. オーストラリアの動物
  3. | コメント:5

ご訪問に感謝いたします

         

            龍20



公募展に出展する絵を提出してまいりました。
提出用の封筒に入る大きさに、描きあがった絵を折りたたむ作業は、妻は見ているだけなのですが
何度見ても緊張してしまいます。第一次審査に合格すると、裏打・額装され、8月10日から19日迄
国立新美術館に展示されることになります。リニューアルされ、今年が第一回となります日美展で
入賞できたらと心から祈っております。

年に1度、公募展用に大きな絵(F30号)を仕上げること6回目となりましたが、今年はもっと大きな
絵にも挑戦したいということで、F50号の大作も仕上げました。こちらは昨日裏打ちをお願いして
まいりました。30号サイズまでは夫が自分で裏打ちしますが、50号になると難しいそうです。
大きな和紙は、同じ銘柄でも質感が変わり使い勝手に慣れるまで苦労したようです。

そして夫は、もう一枚描くための下描きの準備に入っております。
本業の合間を縫っての作業なので時間が掛かりますが、お陰さまで
張り切って、毎日とても楽しそうです。皆さまありがとうございます。

「履歴を残さない」にして、楽しいブログ巡りを続けさせていただいてはおりますが、
更新もせず、履歴も残していないにもかかわらず、夫の絵を毎日見に来ていただき、
とても嬉しいです。応援の拍手の数が増えていくことにも感謝感激しております。

  1. 2017/03/11(土) 10:48:26|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

広告が出ないように



          龍016



ブログを1ヶ月更新しないと広告が表示されてしまうようになってしまうそうです。
そうなると有料プランにしないと消すことのできない広告もあるそうなので、気を
つけなくてはと思いました。管理画面から移動し、環境設定の中の検索バーの
設定で「検索画面を表示しない」を選択し、画像高速表示の設定で「利用しない&
広告を表示しない」を選択して更新ボタンを押すと広告は消えます(少し時間が
掛かることもあるそうです)
1ヶ月以内に記事を更新できない場合、日付を1ヶ月経っていないように変更
してしまう…という方法も有効なのだそうです。


  1. 2017/02/22(水) 14:05:39|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

目標に向けて

    閃雷龍図



夫の今年の目標は「作家部門で入賞すること」と、気合が入っております。

勇ましい絵ばかりではなく、動物や人物など色々な初めてに挑戦しながら
楽しく練習できたこと、練習の成果を発表し、沢山の方に応援していただき、
それを励みに調子に乗って(?)益々、練習できたこと。お陰さまで今年も
大作に無我夢中で挑んでおります。妻は、相変わらず今年も、そんな夫を
見守りながら静かに応援することしかできません。応援してくださる皆さまに、
良いご報告ができるよう只々、祈るばかりです。

夫が何時ものように落描きを開始するまで、暫しの間お休みさせていただきます。
ありがとうございました。
  1. 2017/02/12(日) 23:43:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

龍の爪

        『昇龍図』



九つの動物と似た部分があるとされる龍の角は鹿、目はウサギ、耳は牛、鱗は鯉、「爪は鷹」。
鷹の爪は4本、北斎、応挙、蕭白が描いた多くの龍も4本の爪で描かれております(3本、5本もあります)

かつて中国では、5本の爪をもつ龍は皇帝のみが使うことができ、4本は貴族、3本は下級武士や庶民と
階級によって龍の爪の数が決まっており、皇帝以外が5本の爪で金色の龍を用いた場合、死罪になったそうです。
日本では「4」が忌み数(いみかず)とされ、5より3の方が縁起が良いと考えられていたこともあり、3本の爪を
好んで使っているという説もあります。中国で皇帝が5本爪の龍を独占したのは唐王朝以降のことなのだそうですし、
時代ごとに大人の事情も加わり、難しいことになっていたように想像いたします。
今の時代になっても、やはり諸説諸々あるようなのですが、色も本数も自由に使ってよいことになっている…はずです。
  1. 2017/02/10(金) 04:12:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

収まりが良い

       龍26




龍は体長がとっても長く、そして長い体に4本の足も描くので、一枚の限られた範囲内に全身を
収めるのが、とても難しいのだそうです。迫力のある大きな龍を描きたい、しかしながら格好良く
見えても、ありえない構図は避けたいと考える夫。彫刻では見ることが多いと思いますが、全身を
描いてある龍画は珍しいのではないかと思います。隠さずに自然体で表現できたらと、上下左右
360度、龍を描きまくっている夫の頭の中には龍が存在しているのだと思います。
  1. 2017/02/07(火) 22:23:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

白龍

         第18回総合水墨画展「降り白龍」



白い龍、白龍は名誉や名声、仕事の成功、出世などの願い事を金星の神様へ
伝えてくれるのだそうです。夫の実家の菩提寺、浜松市にある古刹「宗安寺」に、
こちらの「降り白龍」を奉納させていただいてから、本格的に龍画に取り組むように
なりました。
  1. 2017/02/06(月) 03:38:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

kazuryu

Author:kazuryu
仕事の合間に絵を描き始めた夫の画家になる宣言。驚きましたがプロになれるように応援する事にしました。

ランキングバナー

  
  にほんブログ村

最新記事

最新コメント

       

カテゴリ

未分類 (174)
Beads&Barアマノ (5)
丼龍 (4)
似顔絵 (6)
骨董市 (4)
宗佐厄神八幡神社 (1)
オーストラリアの動物 (22)
世界の動物 (19)
色紙 (21)
落書き (15)
色んな物に描く (7)
水墨画 (16)
萬屋和龍 (1)
幟 のぼり旗 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

お問い合わせはこちらから      お願いいたします

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ